どのような方法で車検を行えば良いのかをお教えします

自動車を所有している方が避けては通れない車検ですが、実際に所有する自動車の車検を受ける時期が来たら一体どんな方法で車検を受けられるのか、ご紹介します。まずはディーラー車検といい、正規ディーラー店の整備工場で受ける方法です。純正パーツの品揃えが良いことや設備や知識が充実していることが特徴です。ただし、少し割高になることが多いようです。次は民間整備工場で受ける方法です。その中でも「指定工場」とあれば自社の工場ですべての検査を終えられ、「認定工場」では点検が終わると車検場へ自動車を移動させて検査を完了させるという違いがあります。また、車検を専門に扱う店舗も選択肢に挙げられます。こちらはサービスやキャンペーンが行われていることが多く、比較的安価で車検を受けられることが特徴です。このような方法の中から代車の有無や車を預ける期間などご自身の都合に合わせて検討することをお勧めします。

車検を受けるために必要な書類とは

車検は、正式には自動車検査登録制度といい、整備不良の車両が原因で危険な事が起こったり故障を防ぐ為に必要な制度なのです 新車は最初の車検まで3年、その後は2年ごとに点検を受けることが義務となっており、それを受けていない無車検車を運転すると厳しく罰せられます。ですので、事前に準備をしてスムーズに車検を受けられるようにする必要があります。車検満了日から1か月前より車検を受けることができますので、きちんと予定をたてましょう。そして、必ず用意しなければならない書類が幾つかあり、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証です。どれも大事なものですし、車検証は車に備えているはずです。しかし、万が一紛失してしまっている場合、再発行手続きをしなくてはいけません。数日かかる場合もありますので、事前に確認が必要です。

車検をお得に受けるポイントとは

車検は、正式には自動車検査登録制度といい、整備不良の車両が原因で危険な事が起こり故障を防ぐ為に必要な制度なのです。新車は最初の車検まで3年、その後は2年ごとに点検を受けることが義務となっており、それを受けていない無車検車を運転すると厳しく罰せられます。ですので、事前に準備をしてスムーズに車検を受けられるようにする必要があります。車検満了日から1か月前より車検を受けることができますので、きちんと予定をたてましょう。そして、必ず用意しなければならない書類が幾つかあり、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証です。どれも大事なものですし、車検証は車に備えているはずです。しかし、万が一紛失してしまっている場合、再発行の手続きをしなくてはいけません。数日かかる場合もありますので、事前に確認が必要です。

2018年3月22日