車検を行う際に注意する点をお教えします

日本では法律により、道路を走る自動車は2年に1度車検を受ける義務があり、車検を受けなければ無車検走行として厳しい罰則があります。また、車検を受ける場合は自動車の点検や整備も定期的に行わなければならないのはもちろん、自賠責保険にも加入しておく必要があります。一般的に自動車の点検や整備というのは、ディーラーやガソリンスタンドなど車検をお願いした際に車検と一緒に行います。しかし、車検を受けたからといっても、必ずしも次の車検までその自動車の安全性が保障されるということではありません。仮に車検に合格しても、次の車検までの間に走行距離が増えればその分消耗してしまうパーツは増え、コンディションが良い状態とはいえなくなる場合も少なくありません。そのため、自動車を日ごろから利用している場合は、2年に1度の車検だけでなく、定期的な点検・整備を行うことが大切です。

ガソリンスタンドやカー用品店等車検が受けられる場所はいろいろ

一般的に車検は、ディーラーや民間整備工場で行うイメージがありますが、1995年に車検制度が見直されて以降、さまざまな場所で車検が受けられるようになり、最近ではガソリンスタンドやカー用品店でも車検が受けられるようになりました。ディーラー車検や民間整備工場車検は整備や技術のレベルが高く、車検専門のフランチャイズ車検は低価格で整備・技術・サービスが受けられるなど車検が受けられる場所によってそれぞれ特徴も異なります。また、車検を受ける場所によって車検にかかる費用も大きく異なり、ガソリンスタンドやカー用品店では非常に手頃な価格で車検ができる一方、各自動車メーカーの看板を背負うディーラーは整備面・技術面が優れている一方で車検にかかる費用が割高であるという特徴があり、車検を受ける際にはどの場所で車検を受けるのが最適かしっかり吟味した上で決める必要があります。

車検を受ける際に注意しておきたいポイント

近頃は、ガソリンスタンドやカー用品店など日ごろから利用する場所でも気軽に車検が受けられるようになり、ひと昔前よりも手頃な価格で車検が受けられるところも増えています。しかし、格安な料金で車検が受けられると謳っているところで車検を受ける際には注意も必要です。ディーラーで車検を受けるよりも安く車検が受けられるなら、誰でも魅力的に感じてしまいますが、格安業者の中には車検基本料とは別途検査料や点検料として追加料金を請求される場合もあり、結果ディーラーで車検を受けるよりも高くなってしまう場合も少なくありません。また、ディーラーや民間整備工場で車検を受けるよりも格安で車検が受けられると謳っている業者の中には、車検前の見積りよりも実際に請求された金額の方が高くなっているケースも多いため、車検が安く受けられるからといって安易に安いところで車検を受けるのは避けた方がいいでしょう。

2018年3月22日