車検する際の比較方法を詳しく解説していきます

車検とは、自動車を使用する上で、保安基準に適しているかどうかを一定期間毎に検査し、自動車の所有者を公証、登録する制度です。車検をきちんと受けていない自動車が公道を走ると行政処分、刑罰処分の罰則があります。そして車検は一定期間毎に受けなければいけませんが、新車で購入した際は購入年月より3年、それ以降は2年毎に車検を受ける事になります。車検前にどこか故障して電球が切れた場合、車検が近いとそこで修理も一緒に行う人も少なくはありません。車検とは車を安全に乗るための、人間でいう人間ドックみたいなものです。ライトはきちんと点灯するか、タイヤにはきちんと溝があるか、ブレーキはきちんと効くかなどいくつかの安全基準の工程を踏んで、全てクリアになって車検が無事、通ったという事になり、またその車を乗ることができるのです。

車検を受ける場所によって価格が違います

現在は様々な場所で車検が受けられます。1つめは自分が購入した自動車メーカーのディーラーで受ける事です。ディーラーはその車に関しては専門的分野に特化していますし、部品供給も豊富なので安心です。ただ、整備料金や工賃などが割高になっているので、車検も割高です。2つめはカー用品店で受ける事です。カー用品店ですので、どんな車でも対応できますし、部品に関しても純正品が無ければ汎用品で対応してくれるので、そういった意味では部品供給は豊富です。整備料金や工賃もディーラーよりは安くなっていますが、外車などの対応力が弱い為、外車の車検は断られる可能性が高いです。3つめはガソリンスタンドでの車検です。ガソリンスタンドでの車検はディーラーやカー用品店よりも更に車検代が抑えられますが、車検の代行へ回す事が多いので車検尾ついでにブレーキパッドを交換などといった事はできないので注意が必要です。

車検を無駄なく安心して受けるには

車検は車の点検も勿論そうですが、そこには車の重量税や自賠責保険の保険代、それに伴う印紙代を法定費用と言いますが、その3つも含まれます。法定費用を抑える事はできませんが、車検の基本料を抑える事は出来ます。一番安価で済ませられるのはユーザー車検と言って、自分ですべて行う車検ですが、陸運局に書類を提出したり重量税を納付しに行ったり、24か月点検も全て自分で行わなければいけません。そういった知識や経験がある人であればいいですが、中々そういう人はいません。車検代も決して安いものではないので、少しでも安くあげたいと思います。車検代を安く、そして、品質も高いものと言えば、車検を専門的に扱うお店があります。今は車検を専門的に扱うお店が多数存在していますので、いくつか見積もりを取って比べてみましょう。

2018年3月22日